February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

6月の花嫁の伝説

つちや矯正歯科スタッフブログへようこそ 
遊びに来てくださってありがとうございます。

今回は前回予告していた、6月の花嫁=ジューンブライドの伝説のお話を。

6月の花嫁を「ジューンブライド」と呼び
6月に結婚すると幸せになれると言われていますが・・・なぜでしょう??
ということで、調べてみました
ヨーロッパの伝承で、いくつか説があるようです。
今回調べた3つの説をご紹介します。

伝説1
6月すなわちJune という月名が、
ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ "Juno"
(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきているため
婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すると
「女神がふたりの幸せを一生約束してくれる」、といわれています。

伝説2
その昔、ヨーロッパでは、
3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて
6月は結婚が解禁になる月でありました。
6月に待ち焦がれたカップルたちが結婚し、
周りの人達からの祝福も最も多い月だったことから
6月の花嫁は幸せになるといわれています。

伝説3
ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続く月。
はつらつとした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月で、
 加えて復活祭も行われる時期であることから、
ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、
6月の花嫁は幸せになれるといわれています。

一方、日本は6月といえば「梅雨」で、雨の季節となります。
6月はこれからやってくる夏に向かって準備の季節。
雨降って地固まる・・・
この時期の雨がなければ、暑い夏が越せません。
この季節を心待ちにしている植物たち。
そして、もちろん私たちも生きていくうえでは
この時期を恵みの雨と言わずしてなんと呼びましょう

これから雨が続きますね。もうすぐ梅雨。。。
でも、せっかくの雨。
いやいやだけじゃなくて、
季節を楽しむのも日本らしくていいのでは。。。

夏を心待ちにしている歯科衛生士松田でした

1
pagetop